スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
風味堂 「のり一発!08」 @ 恵比寿
2008 / 06 / 02 ( Mon )
2008年度の“のり”へ行ってきました。
レポが書けません!!
だってトリグチさんしか観てなかったんですもの(笑)
そりゃもう自分でも寝返ったか!?と疑ってしまうほど。

のりライブはいつもトリ様に目を奪われてしまいます。
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


何とかトリ側一列目を確保。NEWアクリルドラムは青くなってました。
始まりの合図に照明が落ちる。
そしてスターウォーズの効果音と共に上から下からスポットライト(笑)
一通りスポットライトショーが終わると普通にお三方が登場。

トリさんは味噌汁5/26参照。に緑ベースでした。
かっちゃんは黒と白のチェックのYシャツに黒のネクタイ。某枕バンドっぽかったです。
ワタリさんは・・・黒の帽子だったのしか覚えてない~(苦笑)

そんなお三方が登場して、何が始まると思いきや…


クラクション・ラヴ

一発目からこれですよ!今回の「のり」はそっちか!
しかも4連で煽ってからといういつもの入りではなく、
ざっくりそのままイントロでした。照明もチカチカ。
今回の風味ライブは「バッサリ」というのが一曲目から出てました。
おニイさんもっとがんばって♪で、「そんなんじゃがんばれない!」といってました。この贅沢者め~!(笑)


お客さんからちらほら「ワタリさんおめでとー」の声。
ワ:「俺は世界一幸せだ~!興奮が抑えられないぜベイベッ!このままいくんでついてきてくれー!」
という感じの勢いあるMCをザッと言って曲入り。
あっさりした感じがワタリさんらしくないと言えばらしくないけど、
こうしてあっさりした方がライブの進行テンポとしてはいいですね☆


誕生日のうた

この歌はやっぱり盛り上がりますね~。
クラクションの熱をそのまま優しく熱く温めた感じでした。
うっトリ&唖然しすぎてまったく記憶がないんですけど(^^;)


手をつないだら

ジョン神降臨されておりました。


半年ぶりのCome Back

カムバック♪ではみんなでカムバックポーズ。
アウトロのジャムりは特にロックというわけではなく、ちょっぴりロックでした。
ベースは単音でポーンポーンと弾く感じで。
トリさんの表情と動きは結構なお色気ロックでしたけど~☆
そしてかっちゃんの右手(2テンポ目?)がいつも以上にアッパーでした(笑)


LAST SONG

この曲も前曲からスパッと。
ベースフレーズのところはトリくんにスポットライト。うっトリポイント~
スライドまでがロック☆に見えてしまったのは私だけでしょうか・・・(笑)
最後の締めはかっちゃんがいつもより長く静止していて、ちょっぴりグッときました。


ワ:「えー昨日からツアーが始まって、今日が二日目ということで・・・
昨日も来てくれた人がいると思うんですけど、昨日来てくれた人~?」

ちらほら・・・
ワ:「気づいたらもうのり一発がはじまってて・・・昨日来てくれた人もいるから同じMCにならないようにしないと!同じMCになると2chとかに書かれますからね!(笑)」

ここらあたりからワタリさんのMCに対してトリカツの「そうですね」レゾナンス。
お客さんの笑いが出たところでトリくんのみの「そうですね」になり。
・・・という情景をふまえてご想像くださいませ(誰か補足を~・笑)

ト:「そうですね」
ワ:「トリくんの『そうですね』以外が聞きたいな~(笑)・・・去年さ、ハラフウミやったじゃないですか。」
ト:「・・・そうですね」
ワ:「ハラフウミでライブやると原さんが『そうですね』しか言ってくれないんですよね!(笑)」
か:「きっとそうですねボタンがあるんですよ」
ワ:「そのそうですねボタンを押すとそうですねばっかり言うみたいな」
ト:「何なら『そうですね』を録音してキーホルダーにして売りたいですよね!」
ワ:「トリくんはそうやって金儲けのことしか考えてない!(笑)」
ト:「(笑)」
・ ・ ・ ・ ・
ト:「そこで話は膨らませないの?(笑)」
ワ:「そう、こんな事言うのもあれなんですけど、実はですね、この物販の方で先月発売されたDVDがね、結構売れてるんです!本当、みなさんのおかげです、ありがとうございます!」

ここらでワタリさんが「えーそうですね・・・」と素で墓穴をほってらっしゃいました。
アンコールでもさらに掘ってらっしゃいました(笑)
確か金儲け~の下りからトリくんの相槌がなくなり、かっちゃんに交代になってました。

ワ:「(こののり一発に向けて)練習とかも本気でやっててね、曲作りとかもしていて新曲ができたんですけど、CMとかで流れたりして・・・。ハウスさんの、最初はCMタイアップのサイズで曲を作らせていただいたんですけど、せっかくなので一曲全部作ろうと思って、みなさんに聞いてもらいたいと思ってつくりました。CMより大分地味な感じになっております!(笑)」
言い方をすごく気をつけてたので関係者がいたのかしら。


ファイト

はやくもアレンジ加わってました。
1番サビ後にベースが表になる演奏になって「はぁー♪」というコーラス。
黄色の柔らかい照明が印象的でした。
DVDの音源は結構好きなんですよね、ファイト。かわいい☆


トリくん舞台袖にサーッとはける。


Rainy day

そのままさーっと曲入り。
前日のライブはMCが入ったみたいですけど、MCを抜いて
サクッと入った方が締まりがいいというか、曲に入れますよね。
そしてリズム隊重視な者として忘れがちだったんですけど、やっぱりワタリさんの声って素敵ですね。
声の出し方がうまくなったっていうのもあるのかな。しっとりと聴けました。


罪深きヒガイ者

間奏にて原曲とはかけ離れたリズム、メロディーのアレンジ!ロック☆なトリ様ショーでした。
前に来て膝をついたと思いきや寝転んで背中でまわりながらベースを弾いたり!
ベースをはじいた後に鍵盤を弾いたり、それに合わせてワタリさんも椅子に足をのせて一緒に弾いたり(途中からは念力風味・笑)、トリくんのソロ中はニヤニヤしながらエアベースやっていたり。
頭は振るわ膝はつくわロックな表情するわで、あの時のトリ様は全米を魅了するROCK☆STARでした(笑)
ちなみにフウウ~コラースはなしでした~。


Stay with me

ここらあたりからトリくんのヘッドバンギングが多くなってきたと思います。
わたしもトリくんに合わせてふってみたりしました(笑)


爆音の中でトリくんが「1、2、3!」とカウント!(たぶん)

♪「そーんなに靴をすり減らしてまで歩き続けてきてー」

アスファルト人生

入り方にドキッ☆とさせられました。
そして両手をあげる際にロックな彼が両手を広げて、
だんだん上に持っていって両手で上を指すという面白~い光景もあり(笑)
気づけばツインペダルも忘れ、トリ様に釘付けでした。


家出少女A

最初はベース音が小さくてありゃ?って感じでしたけど、
途中スタッフさんが来て、無事にベース音復活!
もうチョッパーがかっこよすぎてうっトリ発狂でした~。
途中、ネックあたりでのベース技があってうっとり~。


もどかしさが奏でるブルース

トリ様が拳をあげまくりでした。
ラーララーの部分はほとんど、左手をあげて右手で弦を弾く異様な光景でした(笑)
ヘッドバンギングしまくりです。
曲始まりと終わりにベースを持ち上げてカタカタゆらしてました。


浜辺の風景

2番のベースはどうやらハーモニックスというテクニックらしいです。
やっと名称がわかった~♪
ベースライン自体は単調な感じがしてしまうんですけど、
2番のベースは丁寧に弾いてる感じが出てて好きなんです。
トンットトンッのバスドラもなかなか。


ラテン調のドラム♪

ワ:「ちょっと早いけど~!一足お先に夏へ行こうぜ~!」


楽園をめざして

ここからベースはトリモデル(ですよね?)の5弦ベース☆
ここらからクネクネ踊りすぎて記憶がない(笑)


カラダとカラダ

そのまま演奏続きで。ラテン続きです。カラダがゆれます。
大サビのバックの演奏があまり好きじゃないんですけど、
ライブのたびにどんどん良くなっているような気がします。
何が変わった、っていうのはわからないんですけどね(^^;)
最後の締めは大分伸ばして、ジャーン!でした。


ワ:「毎年この3人でまわるのり一発ツアー一生続けて生きたいです!ついてきてくれ~!」
客:「いえ~!」


ゆらゆら

この熱い思いを熱い一言でバッサリとゆらゆら。
個人的にこの入り方がすごくいいと思いました。
ワタリさんは、たまにすごく良いことを言ってくれるんですけど、
それをもっと音楽で伝えてほしいし、何より“のり”っぽいなぁと。
照明が後ろから後光が指すような感じでメンバーを照らさずで。
3人の表情はみれないんだけど、何か伝わるものはあって圧倒されました。
曲が終わった後、拍手するのがもったいなかったです。


ナキムシのうた

久々に泣きそうになりました。自分の中でいろいろと想ったり。
3年前小学校でこの歌を唄っていた自分は3年後に風味堂のライブで
この歌を、ファンのみんなと唄っている自分を想像できただろうか、と。
でも決してひとりでここまで来たわけじゃなくて、自分自身の出会いだったり、憧れの存在からの感化であったり、色々な出会いが3年間あったからこそ、今ここにいていろんな出会いが私をここまで連れてきてくれたんだなぁ。と思うと感慨深くなってしまいました。
そしてこれからも“風味堂”を出発点としていろんな出会いがあるんだろうなぁ。
そんなしんみりな気持ちをかっちゃんの満開の笑顔が更にあおるんですよね~。
最後のフレーズなんてドラム叩くのやめてニッコニコしながらお客さんが歌うのをみていて。
かっちゃんってば~!!って感じでした(笑)


――――――☆アンコール☆――――――


マイクスタンドとイスとギターとカホンが用意される。アコースティック編成でございます。
そしてワタリさんは緑のりTに緑のりタオル姿で、かっちゃんはHLS(かな?)Tにタオル、トリくんはワンサイズ大きめでしょ!?という感じで藍色ののりTにタオルを頭に巻いた大工の兄ちゃん風味なお姿で登場。

3人が前に集まって並ぶ。ああして並ばれると変な感じがしますね(笑)

ワ:「前に出てきて、何を始めるんだ、とトークショーみたいな感じですけども。このアンコールという余った時間をどうするか!」
客:「(笑)」
ワ:「最近はアンコールっていうのも社交辞令みたいになってきてますけど、本来は本編で出し切って、アンコールっていうのはおまけみたいなものなんですよね。だから今日はおまけらしくやろうと思います!」

ワ:「トリくんは・・・もともとギターをやっていて、ギタリストになりたかったんですよね。でも風味堂っていう空間ではベースという役割で・・・」
ト:「いや、そんなつい最近のように・・・(笑)」
ワ:「今日はトリくんがギターを弾きます!」
で、トリくんがギターを取り出す。
か:「そのギターは、いくらくらいしたんでしたっけ?」
ト:「これは…まぁ結構するんですけど・・・それはフリですか?(笑)」
か:「別にどっちでも・・・でも、一応どうぞ(笑)」
ト:「じゃぁ、小話を。昨日も話したんですけど・・・」
メンバー&客:「え~」
とワタリさんを筆頭にブーイング。
ト:「まぁ今日来てない・・・あ、昨日来てない人もいるわけですから・・・(笑)
とある日に練習帰りにちょっと小腹がすいてですね、寿司が食べたいってんで寿司屋に行ったんですよ。
で、席に座ると向かい側にファミリーがいたんですね。ファミリー、家族が。その中に6歳くらいの男の子がいて。で、あっち側からカタカタ ハマチが流れてくるんですよ。で、そのハマチをみて男の子が言ったんですよ。
なんて言ったと思います?」

で、お客さんからちらほらと…
ト:「ハマチハウマッチ!(ハマチ How much?)」
客:「(笑)」
ワ:「話してみるもんだね!」
ト:「寿司だけにネタ、みたいなね!」
客:「(笑)」
ト:「ギャグが日々広まっていって全国回るころにはみんな知ってたり?みんな書かないように!・・・あの、微妙な感じなんで、ワタリさんがオチのある話をしてくれます!」
で、話の流れ的にワタリさんのお話へ。
ワ:「あのー今日田園都市線に乗ってきたんですけど、隣にねひとつ空いてる席があったんですね。
その席に座りたくて電車にのったらちょうど同じタイミングでおばあちゃんがこっちに向かってきたんですよ。
で、俺の方がちょっとはやいくらいで・・・。それで席に着いた時、万全の体制で『どうぞ!!』、席を譲ったんです。そしたらお婆ちゃんが無視してサーッと通り過ぎていっちゃったっていう・・・」

客:「(笑)」

で、イントロのギターを弾き始める・・・♪
そこにワタリさんが、
ワ:「TRUE LOVEじゃないよ!!」


愛してる

あんなにがっちばっちりかっちゃんの高音コーラス聴けたのは初めて!
そして久々にみるかっちゃんの美しゅうみ手。肌もトゥルトゥルでしたよ~。
いろいろと思うところありなアンコールでしたが、これだけは感謝(笑)
そしてギターを持った瞬間からトリグチさんがSGMにしか見えない・・・。
ワタリさんのお肌のかぶれが気になって仕方なかったです。かゆいのかな。。
なんて無駄なことで頭いっぱいになってしまうアンコールでした(^^;)


ワ:「いいですね~俺がつらいところを綺麗にカバーしてくれる(笑)」

なぜかお客さんのサスペンダーの話になり。
(たぶんかっちゃんがいきなり話をふった)
か:「いいですね、そのサスペンダー」
ワ:「赤いですね~」
か:「サスペンダー似合うのってきっと軽部さんとこの方くらいですよね」
客:「ああ~」
か:「俺も今度スタイリストさんに頼もうかな!どう?いいかな?」
客席は大分沸いてましたけど、わたしはある意味賛成ですが絶対反対!(笑)
ワ:「かっちゃんの場合はさ、素肌にサスペンダーがいいよね!あのちょうど乳首が隠れるくらいの(笑)」
で、パチーン!とか動作で談笑。
ワ:「で、結局ださくない?って言われるよね(笑)」

で、話は新曲に変わり。
ワ:「本編でも言ったように、曲作りをやっていて、新曲ができたんですよ。」
ここらでトリさんがギターでかっちゃんはタンバリンで「ジャンッ!」と効果音をつける。
ワ:「いつものホテルに缶詰めされて曲作りが終わって『もう出てこない』ってなった時に・・・」
ここでジャ~ン・・・とマイナス方面のコードを押さえるトリグチさん。
かっちゃんは悲しげにはじけ散ってました(笑)

ワ:「今日は何曜日でしたっけ?」
客:「日曜日~!」
ト:「ん?何曜日でしたっけ?(わざとらしい・笑)」
客:「日曜日~!」
ト:「(笑)」
トリくんの笑顔が素敵でした。

ワ:「で、日曜日をなんとなく過ごしていて、曲が生まれたんですよ!」
トリカツは元気いっぱいにジャ~ン!!
タイトルは退屈な日曜日です、という感じで軽く曲説明をして、曲入り。

適当にふって~とタンバリンを客席に手渡すドラムのお兄さん。
そのわりにはちゃっかり指示・指導してましたよ、お兄さん。

か:「足踏み足踏み!ドン、チャッ、ドン、チャッ・・・」
ワ:「俺の役割小さい・・・!」
フリスクではないもののミニマラカス?をフリフリしてました。


退屈な日曜日

フォークソング?って感じでした。
そのせいか不意にも、トリくんがオジサマにみえてしまったり。
今宵のトリくんはいろいろな表情を見せてくれたように思います(笑)
最後は前後ろ右左だの退屈そうに~だのお客さんに退屈な日曜日~♪と歌わせてました。


* * * * *

今回のツアーは曲への流れというかテンポがすごくよく感じました。
時間の流れをはやく感じる、とはまた違うテンポのよさ、はやさ。
こっちがライブに溶け込みやすいテンポというか。
いつもみたいにMCでぐだぐだ~とせずに、結構バッサリとあっさりめなMCで
すぐ曲に行く感じが私としてはよかったです。何より“のり一発”っぽいなぁと。
ゆらゆらの前なんかハイテンションのまま一言くらい言って曲入りだったと思うんですけど。
いつもならゆらゆらの前はお客さんへの感謝だとか、今自分たちの音楽に対して思ってること、だったりを言ってる気がします。 でも高ぶった気持ちをそのまま一言ぶつけて、後は音楽でわかってくれ、みたいな姿勢(あくまで私の解釈ですけど)が嬉しかったし、よかったと感じました。
ワタリさんはたまに、特に迷ってると思われる時期はすごい良いMCを言ってくれたりするんだけど、それはたまにでいいかな、とか思ったり。 毎回毎回いい事を言わなくてもそれなりにこっちはこっちで解釈してるし。
特に結婚報告のこととかも触れずにあっさり終わらせる感じでしたしね。

今回は全体の流れが良かったと感じました☆


2008年6月1日
風味堂 のり一発!08 @ 恵比寿LIQUIDROOM

01.クラクション・ラヴ
02.君が生まれた喜びを今夜僕らは歌にしよう
03.手をつないだら
04.半年振りのCome back
05.LAST SONG
06.ファイト
07.Rainy day
08.罪深きヒガイ者
09.Stay with me
10.アスファルト人生
11.家出少女A
12.もどかしさが奏でるブルース
13.浜辺の風景
14.楽園をめざして
15.カラダとカラダ
16.ゆらゆら
17.ナキムシのうた

-encore-

18.愛してる
19.退屈な日曜日
スポンサーサイト
14 : 13 : 46 | 風味堂 | コメント(2) | page top↑
<<第3回 東京うたの日コンサート @ 渋谷AX | ホーム | 竜二と俊司 弾き語りライブ>>
コメント

うふふふ。もっこちゃんもうっトリ仲間になってきたわね~♪
でもほんと、ROCK☆STARだったよね~。特に2日目の方がトリさんのテンションが高くて嬉しかった~!
感想はがしがししゃべったから控えめにしときます~(笑)
by: 017 * 2008/06/10 02:41 * URL [ 編集] | page top↑

>017さん
そうなんですよ~、ワンマンを重ねるごとに徐々にトリの呪いに…i-274
自称トリファントリびいき@かっちゃん(ホームポジション)で行こうかな(笑)
@以降は一応初心忘れるべからずってことで・・・。
わたくし音にうといから、なかなか楽器のことだとか技のことだとか不協和音、音のずれだとかが良くわからないので(これだけ行ってもまだ鈍感^^;)今度色々教えてくださーい!
by: もっこ * 2008/06/13 21:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。