スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
竜二と俊司 弾き語りライブ
2008 / 05 / 30 ( Fri )
the ARROWSの竜二さんと俊司さんの弾き語りライブに行って来ました。
しかも、場所はなんと下北沢CCO!
いつも馬浪さんでお世話になってるお店なのでした。

てっきり二人で演奏してくれるのかと思いきや、
しばしの休憩を挟んで、一人ずつの演奏でした。

まずは俊司さんがリズムマシーンも織り交ぜた弾き語り。
やわらかい雰囲気のステージでした。
ちなみにリズムマシーンは80年代ものが好きだそうで、最近オークションで手に入れたとか。
一曲一曲演奏し終わった後に「はい、どうも!」と口を切っちゃう俊司さん。かわいいです。
そしてやってくれたんですーカルアミルク(by 岡村靖幸)。
原曲は知らないんですけど、某アーティストさんのカバーを聞いてからすごく好きで。
前から竜二に歌うと良いよと勧めていたけど、全然やってくれないので自分でやります、という感じで。
声の不安定さは否めないけど、俊司さんのカルアミルクの方がずっとステキでした。
『六本木で会おうよ』というフレーズが俊司さんのふわっとした歌声に合っていて、すごくお洒落でした。


続いて竜二さん。
第一声は「今日は楽しんでいってください」みたいなライブだぜ!という感じの入りでしたけど、
だんだんと雰囲気が崩れていって、最後のほうはそういう感じではなかったように思います(笑)

名古屋からこちらに引っ越してきてもうすぐ一年で、今はとある理由で新宿二丁目あたりに男の人と住んでるんだとか。隣がチンピラで、そのチンピラ屋さんの理不尽な大暴れ騒動の話なんかもしてました。
エレベーターで一緒に住んでる人と乗ってたらそのチンピラ屋さんも入ってきて苦笑されて、そういう風にみえてんでしょうね~なんて(笑)
そして近場のお祭りに行った時は、すれ違った14,5歳の少女(同い年・笑)が浴衣で自転車に乗りながら「あーホストクラブいきて~」と言っていたそうで、中学生にしてホストクラブとは、都会の子供はませている、と。
そんな都会にぴったりの歌ってことで、恋する摩天楼に入り・・・
恋する摩天楼は手拍子も入りました。表に要求されたり裏に要求されたり、結局表だったり。
『ミラクルサマーはダンスミュージック』をぼそっと歌って、
声が小さいから恥ずかしくない!とみんなに歌ってと要求。
要求の声がだんだんロックになり、「Everybode Say Say!」と大声で誘っておいて、
超小声で「ミラクルサマーはダンスミュージック♪」・・・大分笑わせていただきました。
終いには竜二さん口パクでしたしね(笑)

途中では観に来ていた他メンバーや店員さんをいじったり、色々。
多々些細なところで噂のSキャラが出てたように思いました。
俊司に岡村ちゃんをやるといいと言われて、気になってyou tubeでみたら似てるところとかあって、
すごく尊敬して、岡村ちゃんの影響でストップっていうダンスを覚えた、と岡村ちゃんの曲をやるかのように見せかけてFISHMANSの歌をやったり(笑)
最後は月光の街でシメでした。一気にずしーん、という感じ。


全体を通して大人な感じのライブでした。やっぱり私にはカフェライブは場違いだわ(^^;)
俊司さんも竜二さんもお酒のんでもっと酔っ払ってもらった方が、もっとにぎやかな方がいい、という感じでした。
それにしても、俊司さんのステージがすごくいい感じでした。雰囲気が何ともいえず可愛くてやわらかくて。
そして竜二さんはやっぱりボーカルだなぁ、と。ただ漠然とお声がお美しいなぁ、と思いました。

でもどちらかというと私はライブハウスのアロウズさんの方が好きみたいです。
たまにはこういうのも素敵ですけどね☆
はやくライブハウスでダンスミュージックに酔いしれたいな~。


2008年5月26日
竜二と俊司 弾き語りライブ @ 下北沢BER? CCO
スポンサーサイト
17 : 23 : 25 | その他 | コメント(0) | page top↑
<<風味堂 「のり一発!08」 @ 恵比寿 | ホーム | 馬浪マラカス団 『大人の階段のぼりまSHOW ~3step~』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。