スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Zepp Tour 今夜こっちコイヤ
2007 / 06 / 22 ( Fri )
半年振りのZEPP!

行って来ました、半年分の想いを胸に。Zepp Tokyoへ!!
やっぱり半年分夏になったせいか前回の写真より明るいです(笑)
あ、ちなみに撮影時間は3時くらいなので去年と一緒です。
それにしてもあんなに汗かいて踊って跳ねて歌ったのは初めてでした。
風味堂のライヴは「はじめて」の発見が多いです。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


当日、私は風邪に襲われ学校を早退し、腹痛と頭痛と微熱を抱え、
冷えピタを貼り、3時に今宵のステージZepp Tokyoへやって来ました。

ライヴ前にこんな事するのは宜しくないとは思いつつも、例の盗聴スポットへ行き、リハを盗聴。
前回は渡氏の歌は聞けなかったけど、今回は丸き聞こえ。特にクラクションのフリの「スキッスキッスキッスしようぜぇ~♪」のぜぇ~がフォルセットになった瞬間、思わず友達と爆笑(笑)
後もスキスキスキスキッス~♪とか。もどかしさや新曲もやっていたかな。
少し不思議だったのが、鷺沼ファイターズ(ホーン隊)の音があったこと。
もちろん私の中にホーン隊が来るなんて事予想してなかったので、謎でした。
そして、4時半頃に別の相方も合流☆
しばらく風味堂のハモを聴き、風味友達さんとお話させてもらい、盗聴スポットあたりの階段でのんびり。

そ し た ら !
ワタクシの大好きな五十嵐さんが前からやってきたのです!
ご存知の通りワタクシ、理由なく五十嵐さん大好きなので終始どきどきでした。
誰かに電話してたなあ、髪切ってたなあ。後々会釈しておけばよかったと後悔。

・・・あれ?
五十嵐さんがいたって事はホーン隊入るのか?

そんな疑問を抱え、いざ入場!

整理番号は500番台だったけれど、何とかジョン様真ん前3列目を陣取りました。
ステージ脇にはお立ち台があり、風味堂ロゴと3人の影がでっかく描かれていました。
手をつないだらの影だったんですけど、渡さんのヒゲがちょっと・・・(笑)

ステージには薄ーい幕がかかっていました。

どきどき・・・

そして、19:15頃、いよいよ開幕!


☆・・・☆・・・☆


さっきまでステージ奥が見えてしまうような薄い幕もライトアップによって全くみえなくなりました。

そして3人が真ん中の高い台に仁王立ち。
久しぶりに会うメンバーに感動、の前に笑いが・・・(^^;)


手をつないだら

幕がかかったまま舞台奥がライトアップ!
幕には青空と雲が流れる感じの映像。爽やかです。
間奏のピアノソロ?で、ワタリさんの前の幕が落ち、後ろから暗闇の中真っ白なライト。
大サビに入ったところで、全部落ちました。うはートリくんとご対面です!
サビでの手をゆらゆら揺らすフリ、とっても気持ちよかったです。


3人の服装は・・・
渡さんはオーバーオールを片肩だけかけ、その上から半袖の白Yシャツに、黒ベストを開けて着てました。帽子は茶色のお洒落めな感じのに黒ラインの上に茶色リボン・・・伝わりにくいけど単純な作りかつお洒落なハットでした。
かっちゃんはバッチリ3:4:3分けでした。黒ポロシャツにチェックのネクタイ。
遠くから見るとバーバリーぽい組み合わせ。ズボンはスーツの下って感じ(笑)
トリくんはholidayとプリントされた紫のTシャツに良く分からない形のズボン。
細かい青の縦縞だったかな。靴は覚えていません。スニーカーだったよな。
髪型はふわふわして色々ピンでとめていたので、全体的に風味堂2のジャケ写っぽい感じでした。


Stay with me

一番は全部お立ち台で、なんと渡さんがスタンドマイクで歌っていました!
実は心の中でとても望んでいた事だったのですごく嬉しかったです。
座りだとあんなに変だったのに、スタンドマイクはキマッていてかっこよかった!
・・・というより、意外とかっこよかっただけかも(笑)
まあ、山本さんいてこそのスタンドマイクですね☆
サビの「Oh baby Stay with me~♪」はお客さんに歌わせていました。
サビは渡さんハンドマイクだったかな。走る姿が新鮮でした。
プロから教わったGLAY振り、しっかりやらさせていただきました!(笑)


渡:「みなさん・・・長らくお待たせいたしました!風味堂ですっ!!
無事ここ、Zepp Tokyoでツアーファイナルを迎えることができました。
ちょっと俺たちのテンションもおかしくなっております。どんだけーー!!!」

客:「(笑)」
渡:「あのー・・・最初ね、幕がかかっていましたが、こっちからはみんなのことは全然見えないんです。
それで俺はこの幕が開いた瞬間、みんなの顔がいっぱい見えて、自殺する人の気分に・・・(笑)」

客:「(笑)」
渡:「うん、まあ、ここに来る人はチケット代払って来てくれてるんだから、
ちゃんと演奏しなきゃいけない、と思いまして・・・」


ナキムシのフリがあった気がするけど・・・忘れました。


ナキムシのうた

会場大合唱♪
みんなの大合唱が聴きたかったので大人しくしてみました。
でも、サビでみんなでゆらゆら出来なかったのは残念・・・。
最後の「明日の君が~♪」で渡さんが少し席を立ち、お客さんが「笑うまで~♪」。
何だかグッときました。こういうのってすごいなあ。


YOUR STORY

ピアノのイントロが流れると歓声が。
トリくんのソロがあったような。今回ジョンソロが多かったのであんまり覚えていません・・・。
ただ、「そして描くんだ」のエコーが「んだ」だけだったのが鮮明に残ってます(無駄な情報・笑)


Shall we dance?

ああしゃるうぃきたよlk@j;hgf:rwtearh(興奮)
前回きいた時もかんなりエロかったですが、今回は更にグレードアップしてました。
もちろん子供な私たちだって少しグレードアップ。ここらあたりからレッツダンシング~♪
よーく考えるとシャルウィのリズムってオトナ~な感じでクラブチックだから、
大人になった気分で踊ってみると本当に快感。ワンマンならではの快感です。
・・・・・って、私が言いたいことはそんな事ではなく!!
あの年齢詐称のベーシストさんですよ!!ジョン様ですよ!!
「嗚呼・・・♪」でいちいちスタンドマイクにそっと手を置くんです、小指を微かに立てながら!!
表情もどことなく3人の中でセクシーさを演じていた気がします。エロかった・・・(*´Д`*)
ただ、シャルウィは淡々と歌う感じがまたエロかったりするんですよね。渡さんとか。
まあでも感情移入した?セクシージョンさんもなかなかかっこよかったです★
それにしても!この時の照明といったらメンバーの身体を青い照明がなぞる様に上下に揺らして照らすんですよ。もうところどころエロかったあー!


半年振りのCOME BACK

ベーイビベイビベビア~みたいな始まり。オレンジの照明でどこか爽やかな感じでした。
最初の方で渡さんが「新曲です」って言ってたような。
途中でパン、パン、パン、パンパン!という手拍子が即座に生まれていました。
最初、これがカラダとカラダだと思ってすげー好きだ!とか思ったんですけど、
カムバック・・・?あれ?ってなって混乱してました・・・。
でもこの歌タイプなんですー。


渡:「今やった曲は半年振りのカムバックといいます。」


LAST SONG

とりくんのベースに惚れ惚れー。
それにしても「悲しいけどこの世に永遠~♪」の
「え」の発音、また聞き逃してしまいました・・・ショック。


客:「わたりー!!(男性のチンピラっぽい呼び方・笑)」
渡:「あたかも俺があなたに金を借りたかのような・・・(笑)」

渡:「ところで今回のツアー、いつもなら風味堂この三人でやってるんですが、
今回はプロデュースも迎え、音楽の幅を更に広げようという事で、
もう一人サポートで参加してくれています!キーボディスト、山本さんです!」

客:「やまもとー!!(またしてもチンピラ系・笑)」
渡:「あ、山本さんも金借りてたんすか?」
客:「(笑)」
渡:「まぁ今回はこうやって山本さんにも入ってもらって、
さらに今日はツアーファイナルってことでテレビカメラも入ってます!」

客:「おお~!」
渡:「女性の方、お化粧はしっかりしてますか?
最近のカメラは結構高性能でね、毛穴の汚れなんかも写しますから、
特に女性の方はね、ドモホルンリンクルなんかをお使いになって・・・」


あちこちから「失礼なっ!」との声が飛び交ってました。

渡:「俺もワキ毛をしっかり処理しておくくらいのね・・・」

この時トリくんがカメラ目線にしたり、色々やっていて、
ゴリラっぽいやつ(手を逆さにして輪を目に当てるヤツ)もやってました。


FUNNY JOURNEY~渚の吐息~

笑ってるときにいきなり来たからホントに驚いた!
何しろこの歌は半年前から恋焦がれていた歌なので、嬉しくて思わずホロリしまいました。えへ。
この歌はピアノの上品かつ卑猥な艶やかさがある歌なのですよ。こればかりは渡さんの才能を尊敬します。
サビのベースラインと、そのベースの間のピアノと、何とも言えない主張しすぎずにしっかり叩いているドラムのグルーブが全部好きなのです。個々の音全てスバラシイ。後奏の一瞬チョッパーもよか。
その3つが合わさった音、グルーヴも鳥肌モノ。これもワンマンならではの艶やかさ。
それよりも!かっちゃんですよ!半年前初めて聴いたときは笑撃・・・衝撃だったなあ。
だって大好きな歌を大好きなかっちゃんが歌ってくれるなんて!
今回も相変わらず皆さんの言うとおりせくすぃーでした。
特に「A HA~♪」と一緒にイコウ~♪の「イコウ」が腰にきました。
くぁ~、たまんねえっ!


渡:「新曲やります!」


カラダとカラダ

バックスクリーンには地平線に浮かぶ夕日!暑い熱い夏い!
それにしても歌詞が凄いですねー、子供には刺激が強いわ(笑)
「今年限りの流行りのビキニの隙間が気になって仕方ない」って!熱いぜ!
二番は確か「今年限りのルージュのグロスが気になって仕方ない」でした。
距離が縮まっていることを表現してるんでしょうね、ここ。
その後なんか「その香りをキスで確かめたい」だぜー!?熱ー!
「男と女にゃそれしかない」みたいな歌詞もあって、エローー!!
「アダムとイブから逃れられぬ運命(さだめ)」とかエローーー!!
しっかし歌詞はよしとして、メロディーが昭和の歌謡曲みたいな・・・


家出少女A

続いて熱い!!
「触んないでって言ってるでしょ」は高めに歌い方を変えていました。
その時のとりくんが微妙に腰振ってて、もうエロかったー(*´Д`*)
そしてピアノソロでは渡さんの手元がバックスクリーンに映し出されて、
ベースソロも下から映し出され、かっちゃんは足の左横からのカメラで映し出されてました。
「東京 もっとこっちコイヤ!」との紙が貼られてました。
名古屋は「名古屋でら好き」だったらしいですね。
I wanna be freeではめいっぱい手を振りかざしました!


Salyuのプラホの時のような、幻想的な夜空な感じの深い青のライトが客席に。


夜空を見上げて

ああ・・・どうしてこう、風味堂はやって欲しいのばかりやってくれちゃうのかな。
夜空~はインディーズの中で一番好きな歌といっても過言ではないし、
3月あたりからずっと聴きたいな、と思っていたので本当に感激。
渡さんが一通りピアノを弾いた後、静かに「1,2,3,4」とカウント。
そしてベースイン。この歌の最初のベースがめっさお洒落で大好きなのです。
最後のツリーチャイムがかっちゃんのお顔に似合わず繊細で(笑)綺麗でしたー。
照明も吸い込まれるような深い青だった気がします。もう幸せ。


ここでさっきのイカしてる男性が「わたりー!」と。
夜空の余韻に浸ってるときはやめておくれ・・・(><;)


愛してる

サラッとした感じで始まりました。
渡さんが歌い始めると物凄い歓声が。この歌はすごいですね。
キーボードがすごく目立っていた気がします。
照明は、Aメロが青、サビが黄色でした。
とりくんの熱唱コーラスも見れたし、満足です。


かっちゃんがドラムを刻み、トリくんが手拍子を誘う!(横向きで)
渡さんが煽るあおる!
「もうすぐ夏だー!いこうぜ!一緒に夏へイコウぜー!」


楽園をめざして

この曲、最後の「オーオーオーラッタラッタッタ」しか鮮明に残ってません(笑)
確か去年と同じ照明仕様かな?
渡さんが白のライトに当たってる時は、かっちゃんとトリくんは影♪
間奏のピアノソロ前で、渡さんはササッとベストを脱いでいました。


エクスタシー

最初なんの曲かわかりませんでした!このアレンジはかっこよすぎ!
照明もカラフルな渦巻きで、それもかっこよし!BYGでのを更にロックにした感じ。
かなりかっこよくてかなり踊り狂いました。このアレンジ神ですわ。
気付けば隣にいるちゃこちゃんもぴろりちゃんもレッツダンシング!
サビの掛け合いでは、力いっぱい腰を振りつつ指鉄砲させてもらいました☆
照明も()の部分はスポットライトがなくなりZepp内が真っ赤に。
お客さんが歌うのを煽っている気さえしました。もう最高ー♪


渡:「まだまだー!」


アスファルト人生

照明が白ライトでチカチカ!かっこええー!
それにしてもアスファルトはかっちゃんのドラム捌きが見たくて仕方なかったので嬉しすぎ!
間奏で渡さんは左、トリくんは右の立ち台へ移動。

か:「今からソロやるよー、そのまま手拍子してられるかなー?」

うひゃー、かっちゃんが喋ったよー!嬉しいよー!
お客さんの手拍子に合わせてかっちゃんがドラムソロ。
途中お祭り太鼓になって、ワタリさんは盆踊り踊っていて、一笑い取ったと思いきや!
ぐはー、かっちょいい!私はこれが見たかった!!中富様かっこいいよー!
そしてトリくん、右側の立ち台に立ってお客さんに背を向けてます。

か:「じゃあ次行ってみましょう!じゃあせーので『ジョーン!』て呼んであげて下さい、せーの!」
客:「ジョーン!」

首をかしげながら気づかないフリのトリくん。も、萌え。

か:「ダメですね。もう1回・・・せぇーの!」
客:「ジョーン!!」

背中をポリポリ。
とりくんが背中かいたー!後姿がひよこみたいで、可愛かったです。

か:「こんなんじゃダメだ!もう1回!せぇーのぉー!!」
客:「ジョーーン!!!」

笑顔でグルンと振り返って、ベースソロ!うおーこれ絶対今沢カゲロウに影響受けたね!?
轟音超絶ベースとでもいいましょうか。その音といい弾き方といい・・・でもかっこいいー!
と見ていて、気付いたら左のお立ち台で渡さんがエアベースをやっていました(笑)
最初は堂々とやってるんだけど、だんだんお客さんがとりくんの方しか見なくなっちゃって、
最終的に恥ずかしがりながらやってる姿が・・・虚しくも可愛かったです。

そして渡さんの番になり、ミニキーボードを所持した黒子さん登場!渡さんは手にパワーを込め、鍵盤に向かって手をかざす。直後に、なんと!鍵盤に触れていないのに、ピュンっという音が!
その後も何度か間接プレーをバババーとやってようやく着手。後はもう黒子さんとくっつきながら弾いてました。連携プレー。くるくる回ったり寄り添ったり、寝転がったり反対側から弾いたり。
それよりも、この時のとりくんがもうめっちゃ可愛かったですわー。黄色いタンバリン持って踊ってるもんだから、終始そっちに目が行ってしまい、気付けばジョン様の真似をしてました。トロッコ三姉妹で(笑)

そしてジョンと渡さんが左右から走ってきて、中央でジャンプ!そしてタッチ!
何なんですか、あのチアガールみたいな二人は!!
しっかり膝も曲げて高くジャンプしてタッチしていた姿は可愛かった。
この時ばかりはドラムであるかっちゃんが可哀想でした(笑)

か:「1,2,3,4!」

「アスファルトじんせーい!!」
で、後奏が続くと思いきや・・・

バックスクリーンにはSKISSの影が流れる。

渡:「スキッスキッスキッスしよーぜ!」
客:「スキッスキッスキッスしよーぜ!」

渡:「スーキースキスキスキスキスーキー♪」
客:「スーキースキスキスキスキスーキー♪」

これやった時思わずぴろりちゃんと爆笑。本当にやっちゃったよ(笑)

渡:「スーキースキスキスキッスキッ♪」
客:「スーキースキスキスキッスキッ♪」

渡:「スキー!スキー!スキー!スキー!」
客:「スキー!スキー!スキー!スキー!」
渡さんが拳を固く握っていたのが印象的。

渡:「キスしたいぜー!」
客:「キスしたいぜー!」

トリくんに近づいている渡さん。

渡:「キスしたいぜー!」
鳥:「キスしたいぜー!」

キスしたあ~い

そしてかっちゃんの方へ。
渡:「キースーがーしたーいぜっべいべッ♪」
か:「キースーがーしたーいぜっべいべッ♪」

途中から渋声に変わっていくかっちゃんの表情がたまらんかったです。

渡:「キスしたいよぉー!」
客:「キスしたいよぉー!」

山本さんのところで立ち止まる渡さん。

え、え、え・・・!?

渡:「キスしたいよぉー!」
山:「キスしたいよぉー!」
客:「きゃー!」

山本サニー!じゃなかった山本さーん!!
山本さん、声が裏返ってて可愛かったです(笑)

渡:「山本さんが~!喋ってくれた~!!
この人たちも来てくれたぜ~!鷺沼ファイターズ!!」



クラクション・ラヴ

鷺沼ファイターズが登場した瞬間自分でも信じられないくらい「五十嵐さん!」って叫んでました。
誰ファンだよってね(笑)
鷺沼ファイターズが前でバラバラ動きながら演奏する姿がかっこよかった~!
ちなみにご当地歌詞は「ツアーファイナルGOGOGO!」でした♪
ついでに「分かっちゃいるけどNO NO NO 美女のガードは固い」では、
三姉妹にしかわからないかっちゃんの真似を堂々とさせてもらいました。


もどかしさが奏でるブルース

ホーン隊入りのもどかしさ!!
プロに従い、ラーラーラーで思いっきり拳を挙げました。
トリくんも拳を挙げて会場を煽っていたような。
「I love you~♪」ではメンバーに向かってGLAY振り(笑)
渡さんには「Why」の一度しかしませんでした、ごめんね。
はー、めちゃくちゃ楽しかった~!

渡:「みんなで10回ジャンプ!!」

シメのジャン!ジャン!・・・に合わせてお客さんも一緒にジャンプ!
会場揺れてたかな~?(笑)

最後では渡さんは椅子を持ち上げ、締めのジャーン!で椅子弾き。
そして!トリくんがなんと、靴を脱いで靴で弦を弾いてました!
すごいなあー。トリくんスニーカー黒だったなあ。


渡:「トリくんの体脂肪率が・・・、今回のツアーでだいぶ下がりました。」
客:「ふぉお~!」
鳥:「今まで俺の体脂肪は中トロみたいだったぜぇーー!!」
客:「イエー!」

すかさず「トロマサヤー!」と言ってやりました。
後々「トログチー!」って言えば良かったと後悔。
でもとりくんの笑顔が神々しく可愛かったから良いかっ♪

渡:「ツアー回ってきてファイナルなんですけど、楽屋で待ってるときは待ち遠しいくせに、いざこうやって終わりが近くなると、また楽屋で待ってる時間に戻りたいような、そんな気持ちになります。
俺たちはずっとバーみたいなとこで、30人くらいのお客さんを相手にやって、それでなんとなく『楽しいね』って感じでやってたんですけど、こんなに大勢の人の前で、こんなに金のかかった演出をやってね・・・」

客:「(笑)」
渡:「今でもここに立ってるのが信じられなくなります。
だけど、こうやってみんなの笑顔を見てると、風味堂は一生ステージにいなきゃいけないような気がします。
もしみんながこれからも俺たちを待っててくれるなら、俺たちは何回でもステージに立ちます。
そして、みんながメンバーなんで、そんな感じでこれからも俺たちと仲良くしてくれればと思います。
最後に、風味堂は今三部作っていうのをやってるんですが、さっき2曲やって・・・
1曲目にやった、手をつないだら。そしてライヴの途中にやったラテン調の曲、カラダとカラダ。
あと1曲、三部作の締めくくりの曲、まぁ恋愛の歌なんですけど、みんなとここでひとまずサヨナラをするんだけど、次に会えるのがすっごい楽しみっていう、そんな意味を込めて、この歌を歌いたいと思います。今日は本当にありがとうございました!聴いて下さい。サヨナラの向こう側。」



サヨナラの向こう側

青い照明。
一緒に参加した友達も言ってたけど、この歌結構タイプです。
ああいうメロディーに結構ヤられてしまいます・・・。
「また恋に落ちるだろう 僕は君に似た子を好きになるのかな」
的な歌詞があって、恋ってそういうものなのかなあ、と思いました。
サヨナラは悲しいけど、頑張らなきゃなって思えました。


サーッと素早く過ぎ去っていくメンバー。
かっちゃんだけ一礼していて、少々笑いが。


――――――☆アンコール☆――――――


4人とも今回のツアーTシャツでした。
渡さんは自分デザイン、かっちゃんも同様、トリくんは紺、山本さんはピンクでした。
渡さんは帽子を麦藁帽らしきものに取り替え、かっちゃんは肩にタオルかけてました。
誰が一番Tシャツ似合うかなーって見てたんですけど・・・山本さん確定ですね。


か:「(Tシャツをつまんで)これ、買った?」
客:「買ったー!」
か:「(タオル)買った?」
タオルを見せ付けるお客さん。
渡:「そう、物販の方もね、売れておりまして・・・(笑)
こうしてツアーファイナル迎えられたわけですけれども。
アンコールありがとうございます!あともう少しだけ、お付き合いください!」



“おかえりなさい”が待っている

途中でメンバー紹介。

渡:「on キーボード、山本さん!!」

渡:「on ベース、ジョン!!」
左の立ち台で短いアピでした。

渡:「on ドラム、かっちゃん!」

渡:「ピアノボーカル、ワタリ!」

渡:「そして今回のためにわざわざ駆けつけてくれた鷺沼ファイターズ!」
ファイターズ登場!またしても「五十嵐さん!」と叫びまくりました、えへ。

渡:「そして・・・手拍子と素敵なコーラスをしてくれた・・・」
お客さんの手拍子がノリノリ♪

渡:「ここにいるみんなだー!みんな含めて風味堂なんだ!
最後に世界で一番メンバーの多いバンド、『風味堂』で歌いましょうー!せーの!」


♪ラララー・・・

途中で渡さんが「ありがとう~また会おう~愛してる~♪」と歌ってました。


最後に8人で手をつないで、万歳!
私も三姉妹で、手をつないで万歳!

かっちゃんは「東京もっとこっちコイヤ!」の紙にタオルを巻き、投げて、トリくんはピックをばらまき投げていきました。

そしてこっからはメンバーお呼び大会(笑)
とにかく私は「五十嵐さん!山本さん!」を連呼!
そして半年前から作戦を練っていたカツリピート作戦。
「かっちゃん」「かっちゃん」「かっちゃん」・・・となるはずだったけど、どちらかが欲張ってしまい、上手く揃いませんでした。だけどもかっちゃんは気付いてくれたので友達が手を振っている間に「かっちゃんかっこいいー!」と言っておきました。伝わったかしら?


【追記】

何かの前のMC(たぶん夜空~あたり)。
渡:「夜の地下鉄は疲れた顔だったり、死んだ魚のような目をした人が溢れています。
だけど、ここにいるみんなの顔はクレイジーな犬の目だ!俺はそのクレイジーな目がほしかったんだー!」

客:「いえー!!」

何かの途中に
客:「わたりー!!」
渡:「何だかあっちの方にいらっしゃるみたいで・・・」

最後の方に
客:「わたりー!!」
渡:「わかったよ、ちゃんと返すからぁっ!」
ってのもありました(笑)


* * * * *

ライヴが終ったあとは、頭もガンガン痛いし、肩も首も足も痛いし泣きそうだったけど、
これも幸せの痛みなのかなーと思ったら、熱だろうが踊りまくって跳ねまくってよかったな、と思いました。
でも何よりの薬だったのかなーとも思ってます。風邪もさっぱり治ったし☆
おまけに体重もライヴ前と後で1㎏減ってたし(笑)
これこそ正に、“最高のダイエットです~♪”

それにしても、風味堂のライヴはいつも新鮮です。あんなにお洒落なライヴは初めてだったとか、
あんなにかっこよかったのは初めてとか。今回は、あんなにただただ楽しかったのは初めてでした。
あれだけ自由に踊れるのも今の私の中では風味堂だけです。
2年後とかには他のアーティストのライヴにハマッているかもしれませんが・・・(笑)
それでも、私の中に「風味堂のライヴ最高!」っていう気持ちがあったのは刻まれるから。
それだけは忘れないようにしよう。

そして、このライヴを鍵盤エクスタシーの上に上書きしたくない気持ちがあったのだけど、やっぱりワンマンはワンマンでそれぞれ違うんですね。これの上にこれ、じゃなくて、ひとつひとつなんだなあ、と。もちろん鍵盤エクは今でも記憶の内にあって。私の中にワンマンライヴの思い出が増えただけだったんだなーなんて。
何だかライヴって素晴しいな、と思える日でした。やっぱり風味堂はライヴが一番!

それにしても、同じ会場でもあれだけ違うステージに変わっちゃうのも凄いな。
もちろんお金をかけた演出のおかげでもあると思いますが~・・・(笑)
でもやっぱり今回と前回とは雰囲気が全然違ったのもあったのかな。
季節も違うしセットリストの組み方も違うし、趣旨も違うし・・・
鍵盤エクの時は「余韻」がひたすら強かったけど、今夜こっちコイヤは一昨日の出来事なのに、
もう1ヶ月以上経ってる気分。今回のツアーは「その瞬間」の楽しさだったと思います。
余韻よりも、その瞬間を。

楽しかった!
次は明日のうたの日だー!あー忙しい忙しいっ♪



2007年6月20日
風味堂 ZeppTour 2007「今夜こっちコイヤ」@ZeppTokyo

01.手をつないだら
02.Stay with me
03.ナキムシのうた
04.YOUR STORY
05.Shall we dance?
06.半年振りのCome Back
07.LAST SONG
08.FUNNY JOURNEY~渚の吐息~
09.カラダとカラダ
10.家出少女A
11.夜空を見上げて
12.愛してる
13.楽園をめざして
14.エクスタシー
15.アスファルト人生
16.クラクション・ラヴ
17.もどかしさが奏でるブルース
18.サヨナラの向こう側

-encore-

19.“おかえりなさい”が待っている
スポンサーサイト
18 : 59 : 52 | 風味堂 | コメント(4) | page top↑
<<第2回 東京うたの日コンサート・2日目 | ホーム | 5月・風味堂 LIVE at 渋谷>>
コメント

もっこちゃん、長文ライヴレポお疲れ様~。
私も、大阪と福岡のレポ書かないと・・・とは思ってるのですが、なかなか取り掛かかる気力が沸きません・・・^^;
かなり時間が経ってしまったので、もっこちゃんみたいに細かくレポできないし・・・。
とりあえずセトリ、参考にさせていただきますね♪
2公演とも渡前で観てたので、渡くん可愛かった~ってことしかレポできないかも。それか「夜空を見上げて」聴けて嬉しかったってこととか・・・。MCなんかは、大阪と福岡ごっちゃになってるし~。
東京は鷺沼ファイターズ、羨ましいな。うたの日もあるし!でも大阪も私達ファンからのスペシャルをしたよ。TV東京で観れるのでお楽しみに~。
by: さなみ * 2007/06/22 21:21 * URL [ 編集] | page top↑

はぁ~楽しかったねぇ~
かなり時間たってしまったけどまだ思い出すだけで幸せだわ。

トリくんかわいいし渡さんかっこいいしあーどうしましょってかんじだったわ。
でも今回は渡さんかっこよかった!ってのが強かったぁー。
もちろんトリくんにはもえもえ☆

スタンドマイクやばかったよ、かっこよすぎてさ。
選曲よかったし、何よりアレンジが素敵で楽しかったー。

そうそう、ナキムシの最後の「笑うまで」をお客さんに歌わせるのがさ、
最後の一番いいとこなのにマイクをむけてくれるのが信頼されてるかんじで、すっごい好きだー。

by: うめこ * 2007/06/22 23:21 * URL [ 編集] | page top↑

楽しく読ませて頂きました♪
なんでこう・・・読んでるだけでZepp Tokyoへも参加した気分になれるレポかけるの!?
場所ごとに、こんなに雰囲気もMCも違うバンドって中々無い気がします!!
更に風味堂を好きにさせてくれてありがとぉ~v-344
by: サト * 2007/06/26 17:44 * URL [ 編集] | page top↑

>さなみさん
ライヴレポってノッちゃえばスラスラ~と楽しく書けちゃうんですけど、
結構気合がいりますよね。私もよく書く気が失せる時あります。。。
でもやっぱり記憶の熱いうちに書いて置こうってのもあるのでとりあえず頑張ってます(笑)
ライヴレポってその時自分が何を思ったか~とかを残しておくのにすごく役立つと思うんです。
もちろん詳しい方が客観的にはよいかもしれませんが、一番は自分の気持ちです!感想!
なので、さなみさんのペースで是非是非大阪福岡の熱~い感想教えてください♪
それにしても今回のワンマンは本当に熱かったですね!
私実はプチ鷺沼ファンなので鷺沼ファイターズが出てきたときは半泣きでした(笑)
全国素敵な夜だったようで、テレビ放送の方も楽しみな限りです( ̄ー ̄)


>うめこさん
楽しかったですー!もう最高ー!
そうそう、うめこさんの言ったとおり渡さんよかったです。
座ると気持ち悪いのに(失言)スタンドマイクは何気にかっこよかった~!
あの人お顔がヤンキーっぽいから(失言2)意外と似合うのかもしれませんね。
逆にピアノがおかしいくらいなのかも(失言3)。
でもトリくんも可愛かったんですよー!タンバリン持って踊っちゃって(*´Д`*)
はぁーどうせならうめこさんとワンマン参加したかった(笑)
いつかワンマンとかでも一緒に参加できるといいですね☆
そうそう、そのナキムシの最後のお客さん定番(?)のところは感動ですよね。
何でこう合唱するときって感動的なんでしょう・・・。


>サトさん
無駄に長い文読んでくださってありがとうございます~。
やっぱり自分のためとは言えど誰も見てくれないのは寂しいですよね(笑)
でもこうして褒めてもらえるのは幸せだなって最近よく思います♪
自分向けの文なのに他の方から共感してもらえるって嬉しい事です。
そうそう、地方によってセトリの組み方とかMCとか雰囲気が少しずつ違うのに、
これだけひとつの「興奮」としてまとめられるのってすごいですよね。
やっぱり風味堂はライヴが一番ですっ☆
by: もっこ * 2007/06/27 01:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。