スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
4月・風味堂 LIVE at 渋谷
2007 / 04 / 20 ( Fri )
大トロ食べたぜ!
・・・深い意味は気にせず(笑)

というわけで、行って来ました。今回はチル友も連れて三人参戦!
某チル友さんたらすっかり風味ファンになってくれちゃいました。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


やはりBGMで謎の盛り上がり(笑)

渡さんはいつものジーンズに黒のトレーナーに眠れぬ帽。髪の毛を染めてました。
トリくんはネルシャツの赤チェック(毎月・笑)そして通称ガキTコレクション(笑)
青ジーンズに黒ニット帽、通称モサ夫ベースでした。前回と同じ立ち位置です。
かっちゃんはジーンズに茶色のボーダーの七部丈ポロシャツ。フワフワソフト。
靴は黒の革靴(先がとがってる・笑)だったのを鮮明に覚えてます。


――――――☆1stステージ☆――――――


Get Out

かっちゃんの髪の毛が柔らかそうーとか無駄なことを考えてて大変でした(笑)
途中で演奏が止むところ、ワタリさんがしきりにかっちゃんにジェスチャーを送るから何かと思うと、カウベルを叩けとのこと。そしてかっちゃんがポコーン!と叩くと演奏再開♪
なかなか面白いやり取りでした。


かっちゃんがドラムを刻む。

渡:「こんばんは!風味堂です!! さっき、オーナーさんからいい話聞きました!
最近の風味堂ライブは若いお客さんが増えたって!若いエキスを吸い取って頑張りたいと思います!!」

いじられてしまいました。このあとかっちゃんがこちらに笑いかけてくれたので軽く会釈。


“おかえりなさい”が待っている

おかえりなさいがセットリストの初めの方に来ると、
おかえりなさいって言われているみたいで嬉しいです。


渡:「今日も満員でございます!」
客:「イェーイ!」
渡:「最近はね、結構遠くから来てくださったり・・・初めての人もいるんじゃないかと思います。
今日はそんな人に風味堂のメンバーになってもらう覚悟をね・・・(笑)してもらいたいと思っています。
俺、最近2~3曲歌うと疲れるんですよ(笑)
そんな感じにみんなの力がないと歌えないんだ!
みんな、歌えるように練習とかしてきたんですかねえ?(笑)」

客:「(笑)」


ナキムシのうた

大合唱♪
一節歌ったらお客さんが歌うのももちろん☆


そして間髪入れず「あなたは必ず強くなる」へ入る・・・が。
渡:「ちょっと待って!!音が出ない!!(笑)」
音を確認する渡さん。
渡:「いつもBYGではスリルを味わってます。 BYGでは何でもアリだと思ってます(笑)
次にやる曲は聴いた事ない人もいるかと思います。聴いてください。」



あなたは必ず強くなる

この歌、結構耳慣れしてきました。歌詞もちょっと覚えてきました。
ウロ覚えですがニュアンスですが・・・何か?(鳥口ネタ・笑)
それにしてもやっぱりサビ前のとサビ最後のの渡さんの歌い方、切ないです。


LAST SONG

トリくんのベースに釘付け。ダンッダダンッダッダン♪
ラララ~のドラムのハット→タムのリズムの動きも好きなんですけども。
そしてまたしても「え」の発音聞き逃してしまうワタクシ。


渡:「風味堂は6月にツアーがありまして、 そのための曲決めなんかをやっております。
俺も髭をしっかりそって、きれいな顔でみなさんとお会いしたいと思います。」

か:「髭はいつでも剃れるでしょ(笑)」
渡:「ところで、みなさん酔っ払ってますか?
いつも言うのですが、2ステージ目までに酔っ払っておくのが、BYGでの暗黙の掟になりつつあります(笑)
2ステージ目は1ステージ目と同じ人格では、ダメです。
みんなが1ステージ目と同じ人格だったら・・・俺らも1ステージ目と同じ人格でやります!(笑)」

かっちゃんに「まだお酒飲めないもんね」と言われる。
申し訳なくて謝ってしまった。逃げ腰です・・・(´Д`;)
渡:「俺は小学3年生で、ビールの泡から始めて・・・ビールの味を覚えました!!」
客:「え~!?」
渡:「そんな感じに黄色い液体に慣れてね、今ではこんなダメ人間です。
みなさんはこんな人になってはいけません!健全にね!!(笑)
とりあえず、風味堂でした! 2ステージ目もよろしく~!! 」



涙をふいて

かなり嬉しい選曲!後になって友達と大喜び♪
ナキムシも良いけどたまにはこれだって聞きたいのです。
思わずシャララッラッラー♪と口ずさんでしまいます。
気持ちがほっこりしました。和みますね。


――――――☆2ndステージ☆――――――


Stay with me

途中で渡さんが「2ステージ目だー!」と叫んでらっしゃいました。


フラフラフライデー・ミッドナイト

ドキドキの初野次でした。かっちゃんもがんばれーと言ってました。
渡:「♪夢の中へぇー・・・っへー(息継ぎ)」
客:「ウフォー!(謎の盛り上がり・笑)」
そして演奏終盤に合わせて
渡:「みんなの財布の中のお金がなくなるくらいまで飲んだら~新曲やってあげるー♪」
客:「イエーイ!!! 」


手をつないだら(新曲)

爽やかーでアップテンポな感じでした。6月の単語も入っていました。
サビの「手を繋いだらー!」っていう所のトリくんの動きが好きめです。
グイーン!って。手をつないだら~♪(ブイーン!)


渡:「若者っぽいでしょ!!(笑)今やった曲は『手をつないだら』といいます。」
大分「若さ」を意識しているようです(笑)

渡:「最近、曲作りの合宿が多くて新しい曲がどんどんできてますが、
その反面自分の曲の貯金がなくなっていくのが悲しいです(笑)」

このときにかっちゃんが腕で汗拭いていたのがすごく覚えてる(笑)
渡:「この新曲を引っさげて、ツアーや夏フェスなんかやりたいと思ってます!
合宿でね、新曲作るわけですがストレスがたまるんですよ。
新曲もたくさんできてたくさんやっていますが、次は久しぶりにこの曲をやってみたいと思います。」



Rainy day

小学校の先生のポーズ取るトリくん。気抜けした顔で歌うかっちゃん。
そして曲の中盤で渡さんがいきなり「トリ・・・」とトリくんに呼びかける。
本人はすごい驚いてました。が、さすが!なかなか素晴しいアドリブでした。
ああいうベースの音、個人的に好きです。

振られた時はすかさずかっちゃんに「聞いてない」と言ったそう。
だからかっちゃん演奏中にあんなに笑ってたのね(笑)


か:「トリくん焦ってたねえ。いきなり!?打ち合わせにないよ!?みたいな(笑)」
鳥:「(苦笑)」

渡:「一気に盛り上がりたいと思います!」


罪深きヒガイ者

最初のピアノなしの時の渡さんの動きが面白いです。
そして「先生あなたから多くを学んだ~」のところのコーラス、
初めて聞いたときからツボってます。ちょっと怖っぽい感じのところとか(笑)
フウウ~♪


家出少女A

それにしても家出のトリくん、ベースさばきがかっこ良いです。
最後の決め台詞は「BYG! 愛してるーイエー!」でした。
ちょっと海老反り気味の渡さんの姿勢にワタクシ一笑い。


渡:「ありがとう!風味堂でした!!」


――――――☆アンコール☆――――――


か:「暑い・・・」
思わず「暑い!」と言ったら「ここ暑いよねー」と真面目な顔で応答(笑)
あの時の彼の顔は真面目なんだかウケなんだか・・・。

この日、かっちゃんは黒手袋を付けて、ドラムを叩いてました。
それを見て渡さんが一言。
渡:「暑いのは、その手袋のせいじゃない?」
か:「あー、これね(笑) 昔のロックドラマーみたいで、付けるの抵抗あったんやけど、俺汗かくからちょうどいいのよ。」
後から友達と話題に。某金髪ロッカー狙ってる、と(笑)

鳥:「そのまま打ちっぱなし行けるんじゃないですかー?」
ここでかっちゃんが中途半端にゴルフポーズ!(笑)
渡:「いつも話がよく分からないところで終わるから、
俺どうやって纏めれば良いかわからない(笑)」

渡:「次の曲は、まだ一回位しか練習したことがなくて・・・」

か:「さっき、やったくらいだもんね。」
客:「えぇ~」
渡:「今日新曲いっぱいやってるけど、せっかくなのでもう一曲!
合宿は基本渋谷のホテルに缶詰めなんですけど、珍しくマネージャー(だっけ?)が『渡くん気分転換に海なんてどう?』と言ってくれて三浦半島に行きましてね、海を見ながら作った歌です。」



浜辺の風景(新曲)

あんまり覚えてません(汗)


渡:「この歌は『浜辺の風景』と言います。トリくんは、浜辺で失恋したことはある?」
鳥:「浜辺はないですねー。」
渡:「ないのに、この曲やったの?」
鳥:「奈良でならありますけど・・・」

そんなトリくんを見つめながら渡さんが悲し気なメロディーを弾き始める・・・

渡:「あ、これ以上聞いたらトリくん泣いちゃう!」
鳥:「続きはWEBで!」
客:「(珍しく爆笑!)」
渡:「そんなサイト、ありません!!(笑)」
鳥:「実家の車が砂に埋まったことはありますけど・・・タイヤが動かなくなっちゃって、4時間くらい」

・ ・ ・ ・ 沈 黙 ・ ・ ・ ・

鳥:「何か?」
客:「(爆笑)」

渡:「遠くから来てる方って、 どの辺から来てるんですか? 」
客:「ボソボソ・・・」
渡:「うん?どこから?」
客:「浜松です。」
渡:「浜松!俺らにとっては思い出の場所ですねー」
か:「オーディションとかでね」
客:「おおー!」

渡:「遠くから来た方もね、ここBYGでは飾らない風味堂を見れます・・・
服もね・・・昨日と同じものを着て・・・」

か:「そういや昨日と同じ服だね!今気付いた!」
渡:「そう、これね、ビートルズファンにはたまらない服なんですよ!」
客:「見せてー!」
渡:「今年の福袋についていたんです(笑)毎年買うんですよね、福袋・・・。」

渡:「風味堂はですね、ここにいる若い方達が若くなくなるまで音楽をやっていきたいと思ってます!」

ここから少し渡さんの真面目なお話が続いたんですが、 途中かっちゃんが最後の曲のセッティング中にトリくんに「次、ゆらゆら?」と聞いて、トリくんが渡さんのセトリの紙を見て、 「そう」というやりとりを繰り広げていて、そっちに集中してしまいました(^^;)
おかげで渡さんは真面目な話してるのに会場は笑いの中(苦笑)
渡さんも苦笑しながら真面目に語っておられました。


ゆらゆら

やっぱりゆらゆらは良くも悪くも3人の演奏が落ち着きます。
演奏失敗したとか、コーラス下手だったとか関係なしに、ね。
トリくんの熱唱なんてもうこっちが切なくなるくらいでした。
私、一生懸命歌ってる人のお顔を見ると感極まってしまうのです。
途中、泣きそうだったけど後に笑いが止まらなくて逆に泣きそうでした(^^;)
ごめんねトリくん・・・


渡:「ありがとう! 風味堂でした!!また来月お会いしましょう!!!」


【追記】

新曲やる前(たぶん浜辺)に渡さんが「新曲のタイトル言う時すごく恥ずかしくなる」と言っていた記憶が。
あと、最初の方でお客さんの吐息がどうのこうのとかも言ってました。


* * * * *

今回はこっちサイドとしてとても楽しませてもらいました。
やっぱりライブっていうのは自分自身でも変わってくるだろうし。
先月は正直ワタリさんお疲れでしたけど、それでも私はのれたからそれなりに楽しかったし。
ライブする側が楽しんでるのも大切ですけど、参加してる側の考えでも大分変わってきますよね。
ライブ後は3人との接触が色々とありつつも、ちゃっかりかっちゃんにお祝いのCDを手渡して帰るのでした。



2007年4月19日
風味堂 LIVE at B.Y.G

―1st
01.Get Out
02.“おかえりなさい”が待っている
03.ナキムシのうた
04.あなたは必ず強くなる
05.LAST SONG
06.涙をふいて

―2nd
07.Stay with me
08.フラフラフライデー・ミッドナイト
09.手をつないだら(新曲)
10.Rainy day
11.罪深きヒガイ者
12.家出少女A

-encore-

13.浜辺の風景(新曲)
14.ゆらゆら



余談。毎月毎月メンバーとお話していてこんなこと言うのもどうかと思いますが・・・

でも、今月でメンバーとお話する目的を持つのはお休みにしようと思いました。
やっぱりファンだから話せるもんならいつだってお話したいです。
でも、人気が付いて警戒が強まった今だからこそ、ファンの行動が目立ったら、メンバーの大好きなBYGでのライヴを制限されてしまうかもしれないし。それはきっとファンにとってもメンバーにとっても悲しいことだろうし。
そんな大事にはならないとは思うけど、基本原則としては私達は「ミュージシャンとファン」。
それに元はと言えばBYGはメンバーと話す場所じゃなくて、ライヴを楽しみに行く場所なんだから。
ちょっと私は自分中心に考えすぎてました。あの場所についてもうちょっと考えなくちゃね。

あーでもやっぱり話したいものは話したいよね。
人間って我が侭ですな・・・。
スポンサーサイト
23 : 10 : 36 | 風味堂 | コメント(0) | page top↑
<<5月・風味堂 LIVE at 渋谷 | ホーム | from mouth to mouth vol.3 -duo de duo->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。