スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Lucky Raccoon Night vol.1
2006 / 11 / 19 ( Sun )
ラキラクナイト①

昨夜体力を使い、その後3時間しか寝ていないのに何故か筋肉痛になっていません。
もしや、ふ、二日後とかに・・・もう歳・・・?

今回はしふくのさんゆらさんホームさん 雪女さん
こぶたさんえり姫さん ぱおままさんゆりぽんさん・・・
と、たくさんのブロガーさんにお会いすることができました

というわけで、無事初フライト終了です。
レポは初めてなので書けるか分かりませんが、感想程度で頑張ります。
ネタバレもしちゃうよ。と言いたいところですが、あまりのモッシュで内容を覚えておりません。。。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


ZEPPについた後、は少々チル友さんとお話。
そしてグッズ(黒のTシャツと白のTシャツと雑誌)を買って、並びつつ開場を待つ。
運良く整理番号が若かったのでとにかく走る走る走る。
走ってたどり着いた先は・・・ちょっぴりナカケーよりの4列目!
最初からここだったらモッシュで最後の方は最前列可能かも。と期待を膨らませる。
気付けば上着を着たまま、お兄さんに配られた冊子も持参。
ライブには邪魔だったけども、今更ロッカーには行けないので、上着を腰にきつ~く巻き、お腹と上着の腕の間に冊子を挟んで参戦しました。
周りは背が高い人ばかりで、酸素が薄い!参加組と上を向いて口をパクパク酸素を補給(笑)


――――――菅原龍平(ミルコ)――――――

オープニングアクト。ポワポワ頭の方でした。
ギターひとつで「アーチ」を熱唱。
この方のおかげで苦しい待ち時間が和らぎました。


――――――二丁拳銃――――――

お財布を落としたときの自分の中で意見を言い合う天使と悪魔のコント。
なかなか面白くて良い空気間でした!これまた楽しませてもらいました♪


――――――plane――――――

参加組と一緒に「若いっ!桜井さんに似てるっ!」と大絶賛でした。
ボーカルの菊池君は髪の毛サラサラで可愛く、なんと赤(に近いオレンジ)チェックシャツ!
爽やかな感じのロックバンドでステキでしたよ~。


それにしてもぎゅうぎゅうぎゅうぎゅう押される押される・・・。
これから先大丈夫かと心配でした。


――――――ジェット機――――――

「ジェット機、離陸します」との臨場感溢れるアナウンスと共にジェット機登場!
JET's FACTORYの音源だけ持っていたのですが、そのアルバムから曲がでるでる。
特にお気に入りの赤いヒヨコとFly highをやってくれて大感激!自然とノレました☆
それにしても宮田JET、さすがです。煽るのが上手い!
自然と周りのお客さんもジャンプしたり拳をあげたりしてました。
そしてなんと宮田JET・・・客席にダーーーーイブ!!
私のすぐ横のお客さんの手を握りながら客席フロアを渡って中央へいきました。
ノリのいいバンドでした!ちょっと惚れ気味


気付いたらTシャツは汗でビショビショ。
おされに押されながら動きまくったんだから当然でしょうか。


そして再び二丁拳銃登場!次はシークレットらしい。
「皆さん知っているかな~?身内のような気持ちで聴いてあげて下さい」
とニチョケンが言うのでそんな有名じゃないのかな、と素直に思っていました。
スタンドマイクが二本用意されているので参加組と「ゆず?」なんて冗談を言っていました。


そしたら・・・


・・・!?!?(゜Д゜)


颯爽とゆず登場


――――――ゆず――――――

キターーーー!!来ちゃったよーーー!
ものすごくビックリ!シークレットがゆずだなんてなんて豪華!
そんなゆずのお二人からは「身内のような気軽な気分で聴いてください」とのこと(笑)

・サヨナラバス
・ダスティンホフマン
・ぼんやり光の城
・いつか
・夏色
・心の音

を唄ってくれました。冬なのに「夏色」。すごいです!
みんなで飛び跳ね盛り上がり、楽しい時間となりました。


そして次のアクトの用意。機長&チーフの匂いプンプン。
スタッフさんも空港の業務員の衣装を着て、雰囲気出しています。
よく考えればアクトの名前が「ジェット機」「plane」「パイロットとスチュワーデス」なんですよね。
どうやら凝ってます。

しかし、機長の登場だと分かると『きゃぁ~押さないで~!』との声がたくさん聞こえてきました。
きっとこの箱の中の大半がミスチルファンなんだろうな~・・・。
パイロットとスチュワーデスの前になると更にすごい勢いで押されました。
おかげで前に行くどころか後ろになってしまい・・・しかも前には背の高い方ばかり(><;)


――――――パイロットとスチュワーデス――――――

ついに来ました、この時が!

桜井機長爽やかにキターーーーーーーー。
いつもはあんなに小さい人が等身大ですよ!
遠い存在の人がすごく近くにいるってすごい。

っていうかパイロットコスプレキターーー。

ホクローーーー!!

手ーーーー!!

鼻ーーーー!!

脚ーーーー!!

小指と薬指の指輪ーーーー!

きっちりとした制服に帽子、そしてバッグ。

すごい近いです。でも全然見えない(^^;)
ワタクシはアイラブのファスナーで歩く桜井さん(DVDでいうと1番サビのとこ)の膝にやられてから桜井氏の膝がものっそい大好物なのですが、人の頭で肝心な脚が見えず、少々不満(汗)。
何とか太ももだけ見えましたが、相変わらず良い形の脚でした。
ピチッとしないスーツが描き出す滑らかな「O」のライン。素晴らしいです。
それにしても手が立体的。右手の爪、長いなぁ・・・。近いってスバラシイ。
良くよく見るとKANちゃんのスッチー姿もかなり可愛い。
完璧女になりこなしてますよ、彼女。さすが変態!

チーフがピアノに座り、バッグからマイクを出す機長。
唄いだしたと思ったら・・・

「ねぇ・・・いつ帰ってくるの~♪」

・・・((* ´艸`))


いつ帰ってくるの/ピーコ (歌:機長 演奏:チーフ)

真面目な顔して女の気持ちを唄うもんだから、
会場のあちこちで「クスクス」という声が聞こえました。


チ:「チーフパーサーのKANです。」
機:「機長の桜井です。」

チ:「わたくし、機長がシャンソンを歌うなんて、存じ上げませんでしたわ・・・!」
機:「最近シャンソンにハマっていまして・・・この曲は原曲全く知らないんですが、
ピーコさんのCDに収録されていて、ピーコさんの完全なコピーです。」

チ:「ピーコの・・・」
機:「コピー。」
二人:「ピーコの、コピー。」(向き合って笑いあう)
ピーコのコピーと言って照れる桜井さん、そして向き合う二人が最高でした。

チ:「ここからは、あたくしが、機長の歌、」
機:「そして私がチーフパーサーの歌をそれぞれ交互に歌ってゆく、という・・」
チ:「だって私たち」
機:「パイロットと」
チ:「スチュワーデス」
二人:「なんですもの。」
うわーー。この二人の妙な息の合い方は何?


僕らの音/Mr.Children (歌:チーフ 演奏:機長&チーフ)

この歌は去年のツアーで色々思う曲だったで、また聴けて嬉しかったです♪
演奏は機長のアコギとチーフのピアノだけ。
二つの楽器に重なる二人の声がとてもマッチしていて良い感じでした。
KANちゃんボイスに癒されます。


まゆみ/KAN (歌:機長 演奏:機長&チーフ)

全国のまゆみさん、羨ましいです。これは機長節が効いていました。
原曲の「まゆみっ」という感じではなく、「まゆみぃー」と伸ばす桜井節全開。


and I love you/Mr.Children (歌:チーフ 演奏:機長&チーフ)

これはアレンジというか、新しい歌詞が加わっていました(某変態さんから拝借!)。

どうしようもなく急に一人になりたい時があり
屋上で月を眺めてた
君に想いが強く向く程臆病になるのがわかって
素直には認められなくて

愛情のないふりをしたり
嫌いになる努力をしたり

でも君が僕に突き通してた嘘を諦めた日
それがくるのを感じたんだ

未来がまた一つ また一つ また一つ また一つ
また一つ ほらまた一つ
 僕らに近づいてる
I love you and I love you


この曲ってあんなにいい歌だったっけ・・・。
ひたすら聞き惚れてしましました。KANちゃんボイスがマッチです。


機:「本当は一番をKANさんが歌って、2番を僕が歌う計画だったんです。
だけど、これだけは全部唄いたくて!お互いの歌を唄いましょうという事にしました。」



世界でいちばん好きな人/KAN (歌:機長 演奏:機長&チーフ)

この歌は本当に名曲です。
改めて原曲を聴いてもじーんときます。
機長姿でそんな歌唄わないでほしいな・・・無駄に萌える・・・。
説得力が増してるんだか欠けてるんだか・・・(笑)


機:「せっかくKANさんとやるんですから楽器とか無しで声だけでやりたいな、と・・・」
チ:「機長、機長!今は勤務中です、ファーストネームで呼ぶのはちょっと・・・・
いえ、あたくしはいいんですのよ!あたくしはいいんですけど、皆様の目が・・・(ぽっ)」

機:「・・・・(照笑)」

機:「とあるミュージシャンが、女の子の部屋に、お呼ばれするわけですよ。
それでですね、何か歌って欲しい、と。そのミュージシャンはボーカルの人なんですね。
まぁそのミュージシャンというのがですね、普段ピアノを弾きながら演奏している人で・・・(笑)」

チ:「・・・あら?そのミュージシャンという方は、
普段ギターをお弾きになられてるんじゃないかしら?(笑)」

機:「・・・(笑)で、そう、歌を歌って欲しい、と頼まれるんです。
でも彼女の部屋には、楽器も無いし、自分も持ってないし、でもいいとこ見せたいし、さてどうしようか・・・という曲です。」


チ:「それで『声だけ』という結論になるまで、随分とたくさんの案を却下しましたわね(笑)
ケータイに音を打ち込んでやる、なんて案も。」

機:「でも今ケータイに音打ち込める機種って無いんですよね!」
チ:「3種類くらいしか無くて。」 
機:「わざわざ取り寄せたりして。でも古いからバッテリー切れで。」
チ:「バッテリーも取り寄せて、充電器も取り寄せて・・・って、結局1万円くらいかかりましたわね」
機:「ぼくは近くのヤマダ電機で、洗濯機のホースを買って来ようと思ってたんですけど・・・
ホースをチーフパーサーとひゅんひゅん回して、ちょうどうまい具合に3度ハモくらいにならないかなぁ・・・と」

ホースを回す仕草の桜井機長。
チ:「まずホースで音階を出せるようにならないといけませんわね(笑)」
機:「どこにマイクつけるんだって問題もありますしね(笑)」


弾かな語り/パイロットとスチュワーデス (機長チーフデュエット)

この歌がお二人で作った曲らしいです。楽器は使わず「声」だけ。アカペラでした。
題名も「弾き語り」の反対なんだそう。
二人のアカペラはとにかく圧倒されました。最初は桜井さんのボーカルにKANさんのリズム。
「ドュン ドゥルル~♪」の声の綺麗さに惚れ惚れでした・・・。
一部の歌詞からも「キスをしたり抱き合ったり裸を見せ合ったり まだしていない」
という歌詞があって、桜井さんがとっても楽しそうに笑顔で唄っていたのが印象的(笑)
あとは「音の出るものはありゃしませんかと探すフリをしながら君に近づいていく」みたいな歌詞も。
本当にうる覚えだけど、何かを感じたのは確か。それは笑いなのか感動なのか・・・(笑)


そうして去っていったパイロットとスチュワーデス。夢の世界のようでした・・・。
そして二人して、事の途中途中に良く二人で言ってました。

チ:「なんていったって私達」
機:「パイロットと」
チ:「スチュワーデス」
二人:「ですから」

そしてこのポーズもよくやってました。
スッチーGOODポーズ(KAN)(`・ー・)b (・ー・ゞ)パイロット敬礼ポーズ(桜井)
これ、きっと流行りますよ!パイロットスッチー革命!
途中途中機長がチーフのことを「KANさ・・・あっ」と間違えて呼ぶところも微笑ましかったなぁ。

そして、途中で倒れる方も多く・・・。
実は参加組の方が第一号に倒れてしまい、桜井さんが心配そうに見ていました。
その後も離れて参加していた参加組の方も倒れてしまったそう。
ただ、心配して「気分が悪い人いますか~?」と言ってくれているのに、注目を集めたいがためにふざけて「はいっ!」と手を挙げ、答える方たち数人後ろにいたことが残念でした。
でも、大丈夫そうなその人の顔を見て、「どっちなんだよっ!」と素で言う機長には完敗です。
しかし、そんな時でもチーフときたら自分をさして「何?私が気持ち悪いの?」なんて言って場を和ませてくれる。さすがですね!

そんな感じでお笑いコンビより面白いコントライブでした。


――――――ラプソディーズ――――――

ごめんなさい。
ラプソディーズの時間、私自身が頭痛腹痛で気持ち悪くなってしまい、ずっと下を向いていました・・・。
のでこれしか書けません。


トータス松本は人間だった!

JENは本当に熱唱する男だった!

ジョン.B.チョッパーが可愛いすぎ!!


終了(笑)
ああ、もったいないことしたなぁ・・・。
でも、ラプソディーズはすごくダンディーでお洒落なバンドでした。
一夜だけのバンドだなんて贅沢すぎる&もったいない!
トータス松本は本当にかっこよくて、トータス効果なのかJENまでかっこよく映りました(笑)
そういえば、JEN以外はみんなスーツでビシッと決めているのに、JENだけラキラクの黒Tで「俺、すげーバイト感」と言ってました(追記:大坂公演では黒いYシャツでビシッと決めていたそう!)。


――――――☆アンコール☆――――――


アンコールでは頭痛もすっかり治り、万全の状態(JENの呪いだったのか?)。
たぶんニチョケンの呼びかけでモッシュがなくなったからだと思います。
最後の方はゆったりとしたスペースで見ることができました。

そして出演者全員集合!!!
みんなラキラクの黒T着てます。

・・・あれ?

おかしいなぁ・・・

機長とチーフはコスプレのままでした(笑)

トータス:「自分達の歌をやるのはなんなのですが・・・」


ガッツだぜ!/ウルフルズ 歌:皆さん

大盛り上がり!!
「ガッツだぜ!」の時、会場はグーで手を振っていたのに気付けばみんなスッチーの手(b)でガッツしていました。パイロットスッチー革命きたね!


愛は勝つ/KAN 歌:フライトに参加された皆さん

これもかなり盛り上がりました!
アンコールが一番盛り上がったんじゃないかな?
それにしても、スッチー姿で愛は勝つってどう思います?
・・・ねぇ?
まぁ、いいか♪


innocent world/Mr.Children 歌:全国のみなさん

来るとは思っていたけどね。
でも逆にこれで終わりなのかな~と寂しくも思いました。
でもすごいっ!前の人みんなが高く高くジャンプしてました。
やっぱりこの曲ってすごいんだなぁ。大盛り上がりでした。
おかげで前の女性の方の髪の毛を食べてしまいました・・・(^^;)


そんな感じでわぁ~っと盛り上がった後、みんなとお別れ。
呆気なく終わってしまった・・・(笑)。
でも、ステキな4時間半でした。人生で一番最高のフライト。

ホッ・・・。
なんていうか・・・・ホッ(笑)

そして他のブロガーさんは飲み会ということで、未成年な私は機長ポーズで帰りました♪



2006年 11月18日
Lucky Raccoon Night vol.1 @ Zepp Tokyo

―菅原龍平(MILCO)―

1.そばにいたい
2.春のあらし
3.ARCH

―plane―

1.arrow
2.ついておいで
3.どう思う?
4.ランダム
5.カラータイマー

―ジェット機―

1.Fly high
2.赤いヒヨコ
3.マイワールド
4.Party
5.Do the dance
6.レベロン

―ゆず―

1.サヨナラバス
2.ダスティンホフマン
3.ぼんやり光の城
4.いつか
5.夏色
6.心の音

―パイロットとスチュワーデス―

1.いつ帰ってくるの
2.僕らの音
3.まゆみ
4.and I love you
5.世界でいちばん好きな人
6.弾かな語り

―ラプソディーズ―

1.Baby何もかも
2.つ・き・あ・い・た・い
3.Sweet Soul Music
4.たとえばこんなラブソング
5.よそ者
6.デイドリーム・ビリーバー
7.雨上がりの夜空に

-encore-

1.ガッツだぜ!
2.愛は勝つ
3.innocent world
スポンサーサイト
03 : 08 : 05 | その他 | コメント(0) | page top↑
<<鍵盤エクスタシー vol.3 | ホーム | Salyu mini LIVE ap bank dialogue vol.4(シブヤ大学)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。